TEL:03-3505-3030

東日本受付0120-713-860

TEL:078-272-2250

西日本受付0120-489-495

営業時間 平日 9:00~20:00 土日祝 9:00~19:00

都市型レジデンス系マンスリーマンションは、全国トップクラスのシェアを誇るリブマックスにおまかせください!

マンスリーマンションにデメリットはある?利用の注意点と向いているシーン

一般的な賃貸物件と異なり、一週間程度〜数ヶ月の短期間利用が可能なマンスリーマンションは便利な宿泊施設です。整ったオプションや手軽な契約方法などメリットの多いマンスリーマンションですが、その特性上、デメリットと感じる点もあるかもしれません。

この記事では、マンスリーマンションの利用に不安を感じている方に向け、利用時に知っておくべき点や、利用に向いているシーンをご紹介します。

マンスリーマンションにはデメリットもある

マンスリーマンション最大の特徴は、短期間の居住を前提として作られている点です。必然的に、メリットを生かせるのは期間限定住居を必要としている利用者に限られます。

マンスリーマンションを利用するに際にデメリットを感じるとすれば、短期利用特有の条件や規則による部分が多いでしょう。

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションのデメリットを具体的に解説していきます。

個別に家具・家電を選択できない

マンスリーマンションでは生活に必要な家具・家電が予め備え付けられています。すぐに生活が始められるというメリットがある反面、どうしても選択肢が限られてしまいます。インテリアや使用する家具・家電にこだわりを持つ方にとっては不満があるかもしれません。

マンスリーマンションリブマックスの場合は、内装の雰囲気やグレードに合わせていくつかの物件シリーズをご提案しております。

選べるお部屋タイプ一覧 | マンスリーマンションリブマックス

住民票を移せない

日本の法律では、住居が変更となる場合に住民票の移動が義務付けられています。ただし、「1年以上継続して生活の本拠地が移る場合」とされており、1年以下の限定的な転居及び仮住まいにおける住民票の移動は行わないのが普通です。

本拠となる住居を離れ、1年以上の長期滞在を考える場合には一般的な賃貸住宅の利用がおすすめです。

内見ができないことがある

一般的な賃貸物件であれば実際の物件に足を運んで詳細を確認することができますが、短期契約が主であるマンスリーマンションでは内見ができないケースがほとんどです。

マンスリーマンションリブマックスでは、360度パノラマ写真を使用したデジタル内見を行っております。実際にその場にいるような臨場感のある映像で室内を閲覧することができるためおすすめです。

360°VIEW対応 | マンスリーマンションリブマックス

月額賃料が高い

マンスリーマンションは、一般的な賃貸物件に比べ約2割程度家賃相場が高く設定されており、長期間の滞在では支出が嵩んでしまうことも考えられます。

一方で、一般的な賃貸物件契約時に必要な敷金や礼金、仲介手数料などの初期費用は、ほとんどの場合必要ありません。短い期間の利用であればむしろ費用を抑えることができるでしょう。

半年以内程度の滞在であればマンスリーマンションが、一年以上の滞在であれば通常の賃貸物件も視野に入れて探すのがおすすめです。

マンスリーマンションが向いているシーン

短い期間だけ住みたい

仕事の出張や単身赴任などにより住居が必要な時や、リフォームや新築物件へ引越し前の仮住まいなど、「決まった短い期間だけ使いたいんだけど⋯⋯」という場合はマンスリーマンションがおすすめです。

すぐに住居が必要

何らかの理由で現在の住居に居住できなくなり、「やばい、悠長に普通の賃貸物件の手続きをしている時間がない」など、期間的な余裕がない場合にもマンスリ―マンションがおすすめです。

引越しの準備期間が取れない

「忙しくてゆっくり引越しの準備をしてる暇がない」「引越し予定の日までに準備が間に合わない」といったように、事前の荷造りや下準備に十分な時間を使えない場合には、マンスリーマンションに一旦引っ越すという手もあります。

まとめ

マンスリーマンションは特定の環境下にある方にとってとても便利な選択肢です。利用の際には本記事に記載したデメリットを十分に理解しておくことで、快適な居住期間を実現することができるでしょう。

マンスリーマンションを探す

PageTop