(English・中文 対応可)TEL:03-3505-3030

東日本受付0120-713-860

(English・中文 対応可)TEL:078-272-2250

西日本受付0120-489-495

ご入居中のお客様 お問合せ先

お電話でのお問い合わせ

入居中の家具・家電・設備の故障等の際は下記までお問い合わせください。
0120-883-448
営業時間 9:00〜21:00(年中無休)
(English・中文 対応可)

ご入居中のお客様 お問合せ先(年中無休(English・中文 対応可)

  1. 入居中の家具・家電・設備の故障等の際は下記までお問い合わせください。
  2. 0120-883-448
営業時間
9:00〜21:00

営業時間 平日 9:00~20:00 土日祝 9:00~19:00

都市型レジデンス系マンスリーマンションは、全国トップクラスのシェアを誇るリブマックスにおまかせください!

マンスリーマンションとは

マンスリーマンションとは?様々なシーンで選ばれる3つの理由

マンスリーマンションとは

マンスリーマンションは、1か月などの短期滞在向けの賃貸物件です。
家具家電が備え付けられているため、必要最低限の荷物で入居することができます。敷金礼金などの初期費用がかからず、審査もシンプルなため、必要なときにすぐに入居できるところが魅力です。

マンスリーマンションはどんなシーンで使われているの?

マンスリーマンションは仮の住まいが必要な様々なシーンで活用されています。

  • 出張やビジネス、住居として
  • 自宅をリフォームしている間の仮住まいとして
  • 趣味や個人事業の活動スペースとして
  • 本格的に一人暮らしを始める前の試し住みとして
  • 同棲する前のお試し期間として
  • 法人利用の社宅として

昨今では新型コロナウイルスの影響でテレワークの需要が高まり、プライベートな作業場や書斎としてマンスリーマンションを活用する事例も増えています。

マンスリーマンションが選ばれる3つの理由

高額な初期費用がかからない

マンスリーマンションの契約では、通常の賃貸契約で必要になる敷金や礼金などの初期費用がかかりません。
マンスリーマンションの入居に必要な費用は、基本的に滞在日数分の賃料と清掃費のみです。管理会社によって鍵交換費用やインターネット代、布団レンタル代などが必要になる場合もありますが、通常の賃貸契約と比較すると費用を抑えて新生活を始めることができます。

マンスリーマンションリブマックスの場合に必要な初期費用は以下の通りです。

  • 賃料
  • 原状回復費
  • マンスリーパック

短期契約で必要な期間だけ住める

通常の賃貸は2年契約がほとんどですが、マンスリーマンションは必要な期間だけ住むことができます。受験や出張、リフォーム中の仮住まいなど、数か月だけ住みたいというニーズにピンポイントで応えているのがマンスリーマンションです。

生活に必要なものがあらかじめ揃っている

マンスリーマンションには、家具や家電などの日常生活に必要なものがあらかじめ備え付けられています。家具家電を揃える手間が省けるだけでなく、費用の節約になり、引っ越しの労力もカットすることができます。

マンスリーマンションに備え付けられている設備は管理会社や各物件によって異なるため、入居の前に自分自身で確認しておく必要があります。

参考までに、主な設備をご紹介します。

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • カーテン
  • テレビ台
  • デスクと椅子
  • ベッド
  • 本棚
  • 簡単な食器類
  • シャンプー類 など

中には、オプション料金を支払うことで消耗品類をまとめて購入できる場合もあります。

マンスリーマンションリブマックスでは、オプションで下記の家具家電や雑貨を販売・貸出しています。

  • アイロン
  • モバイルルーター
  • 空気清浄機
  • 追加布団
  • 追加のキッチン用品 など

マンスリーマンションの特徴

マンスリーマンションには他の宿泊施設や賃貸物件と異なる特徴があります。

マンスリーマンションとホテルの違い

マンスリーマンションとホテルの違いは、設備と料金です。
マンスリーマンションは普通のマンションの一室であるためキッチンや洗濯機などが部屋の中に設置されていますが、ホテルの場合は宿泊に必要な最低限の設備となっています。

マンスリーマンションとビジネスホテルの違い

費用面では、ビジネスホテルが1泊1万円程度あるのに対して、マンスリーマンションは月額17万5千円程度となっています(エリアや設備によって変動します)。

数日だけ宿泊するならホテルが、数か月にわたって滞在するならマンスリーマンションがお得だと言えるでしょう。

マンスリーマンションとビジネスホテルの違いって?

マンスリーマンションと賃貸マンションの違い

マンスリーマンションと普通の賃貸マンションとの違いは、契約期間と初期費用です。通常の賃貸物件は2年契約である場合が多く、入居時には敷金や礼金などの初期費用がかかります。マンスリーマンションは、必要な期間だけ契約することができて、高額な初期費用がかかりません。

また、マンスリーマンションには家具や家電があらかじめ備え付けられていますが、普通の賃貸マンションの場合は自分でひとつひとつ揃える必要があります。

何年もの長期間住んだ場合の賃料はマンスリーマンションの方が高額になるため、1~2年以上住むなら普通の賃貸マンションが、数か月の間住むならマンスリーマンションがおすすめだと言えるでしょう。

マンスリーマンションと賃貸マンションの違いって?

ウィークリーマンションとの違い

マンスリーマンションとウィークリーマンションのサービス内容はほとんど同じです。異なるのは「最短契約期間」です。マンスリーマンションは最短1か月を契約期間としていますが、ウィークリーマンションの場合は最短1日から契約可能な物件もあります。

物件の設備や料金などに大きな差はないので、表記上の違いと認識しても差支えないでしょう。ウィークリーマンションについては下記の記事で詳しく解説しています。

ウィークリーマンションとは?マンスリーマンションとの違いやメリット・デメリットを解説

マンスリーマンションの契約の流れ

マンスリーマンションの契約の流れはシンプルです。

  1. 物件を探す
  2. 本人確認書類を用意して申し込む
  3. 入金する
  4. 鍵を受け取って入居する

普通の賃貸契約では審査に数日から数週間かかることもありますが、マンスリーマンションなら最短即日で審査を終えることができます。住みたいと思ったときにすぐに入居できるのもマンスリーマンションの大きなメリットのひとつです。

マンスリーマンションなら「リブマックス」

マンスリーマンションリブマックスは、独自の市場調査により利便性の高い全国の主要都市に7500室以上を取り揃えています。
すぐに入居できて必要な期間だけ滞在できるマンスリーマンション。
個人法人問わず多くの方にご活用いただいています。季節やニーズごとのステイプランもご用意しておりますので、是非ご利用下さいませ。

初めての方へ | マンスリーマンションリブマックス

マンスリーマンションを探す

ページの先頭へ