TEL:03-3505-3030

東日本受付0120-713-860

TEL:078-272-2250

西日本受付0120-489-495

営業時間 平日 9:00~20:00 土日祝 9:00~19:00

都市型レジデンス系マンスリーマンションは、全国トップクラスのシェアを誇るリブマックスにおまかせください!

マンスリーマンションのメリットとデメリット

自宅同様の快適さ。マンスリーマンションのメリットとデメリット

マンスリーマンションとは短期契約に特化した賃貸マンションです。様々なシーンで活用されている便利な賃貸物件ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。入居の前にしっかり理解しておきましょう。

関連記事:マンスリーマンションとは?様々なシーンで選ばれる3つの理由

マンスリーマンションのメリット

希望に合った広さで自宅のように過ごせる

マンスリーマンションを選ぶときには、賃貸マンションを選ぶときと同じように好みの広さや間取りを選ぶことができます。
「忙しい一人暮らしだから1Kを」「寝室が欲しいので1LDKを」といった風に好みの物件を選べるのは、マンスリーマンションならではのメリットです。

一時的な滞在でも、希望に合った広さで自宅のようにくつろいで過ごすことができます。

弊社でもお客様のニーズに合わせた全6物件タイプの物件を用意しています。

選べるお部屋タイプ一覧 | マンスリーマンションリブマックス

利用期間を自由に設定できる

マンスリーマンションは、利用期間を自由に設定することが可能です。
ビジネスホテルでも1日からの利用は可能ですが、長期滞在となると住居としての機能を満たしていない上、予約が取りづらく料金も割高です。

初期費用が抑えられる

マンスリーマンションの契約では、一般的なマンションの契約の際に必要な敷金、礼金、仲介手数料などの初期費用がかかりません。家具や家電もあらかじめ設置されているので、全部合わせるとかなりの初期費用を削減することができます。

関連記事:初期費用がかからないって本当?マンスリーマンションの初期費用の内訳

家具家電が備え付けられている

ビジネスホテルや一般的な賃貸住宅との大きな違いでもあるように、マンスリーマンションには、生活に必要な家具や家電があらかじめ備え付けられています。
購入費用も抑えられますし、身一つで引っ越しすることも可能です。そのため、入居したその日から普段通りの生活を始めることができます。

関連記事:入居してすぐ生活可能。マンスリーマンションに完備されている家具家電一覧

収納スペースが多い

ビジネスホテルには収納スペースが非常に少なく、長期滞在には向きません。
マンスリーマンションは、一般的な賃貸マンションの一室です。そのため住居としての機能は十分に備わっており、下駄箱やクローゼットなどの収納スペースもしっかりと確保されています。

インターネット完備の物件がある

本来インターネットは自身で契約する必要がありますが、マンスリーマンションリブマックスでは90%以上の物件がネット対応や無制限Wi-Fiを完備しているので、回線手続き不要、無料でご利用いただけます。

入居後に生活環境を整える必要がないことは、すぐに生活できる点において大きなメリットです。

マンスリーマンションのデメリット

掃除や洗濯を自分で行わなければならない

ビジネスホテルは従業員がその都度掃除など行ってくれますが、マンスリーマンションでの暮らしは普通の賃貸マンションでの暮らしと同じなので、掃除や洗濯など、家の管理を自分で行わなくてはなりません。

ビジネスホテルより手間はかかる点デメリットと言えるでしょう。

数年の滞在はコストがかかることも

マンスリーマンションは初期費用を抑えることができ、引っ越すよりも安く賃貸マンションに入居することができます。

しかし、家具のレンタル代などを含んだ月々の家賃自体は一般的な賃貸マンションよりも高めに設定されているため、数年などの長期にわたって住んだ場合、普通の賃貸マンションに入居するよりもコストがかかってしまいます。

料金目安
ビジネスホテル 1泊10,000円前後
賃貸 月額122,500円
マンスリーマンション 月額175,000円

※東京都内賃貸マンション賃料¥100,000 敷金・礼金3ヶ月分)をモデルに比較しています。

マンスリーマンションをお考えの方へ

マンスリーマンションリブマックスは、1ヵ月〜1年程度の滞在であれば最も便利な賃貸物件だと言えます。
セキュリティを強化した物件や女性向けの物件など、物件の種類も豊富になってきています。ぜひ、ご希望に合った物件を探してみてください。

マンスリーマンションリブマックス

マンスリーマンションを探す

PageTop